スポンサーサイト

2015.07.18 Saturday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    きっと恋愛という種別において

    2015.07.14 Tuesday

    0
      <br>
      <br>
      ワンパターン化を防ぐ戦法とは何でしょうね?その一手は、二人の共作業にある。共通の目的を持ち、それに達したときに、二人で達したという喜びが肝心なのだ。<br />
      例えるなら結婚前提の交際のような長期間的に女性を引き付けたいのなら、優しさと賢さ、忠実なだけでなく、信頼もおける相手への思いやりもある偉大なパパのような人になりたいものだ。そんな人は結婚できると考える。<br />
      イケメンはモテるようだが、「チャラチャラしてそうだよね」「いつでもモテてるんでしょ」「女の人との出会いいっぱいあるよね」と勝手な事を想像されてモテない事が多い。普通の女の人の恋の対象から除かれる可能性が高い事が普通なのだ。<br />
      一般的に一目惚れとは「あなたの描いた欠点のない恋人に激しい恋をしている」そんな状況でいる人ばかりだ。つまり「イメージの投影」というメカニズムなのだ。<br />
      男性たちが普通に異性に夢見るもの、第1位は やはり「優しさ」。優しさとはつまり「心遣い」の事。目に見える行動の例は「譲る」「誉める」そして「喜ぶ」。この3つのアクションが忘れてはならない事。<br />
      瑣末なところには該当しないけれど、きっと恋愛という種別において苦しんでいる人が多数いると思いる様だ。とはいえど、それって疑いもなく余分に悩みすぎだと思いる様だ。<br />
      巷に溢れている、大好きな異性の彼女になる恋愛テク。時たま鉄板すぎてときめいている男子に認知されて、嫌われるギャンブル要素の強い進め方も見られます。<br />
      10代の男子が女子に恋愛の相談を依頼する時は、最も思いを寄せているまでは行かないにしても、男の腹づもりとしては本命の次に気になる人という評価だとしている事がほとんどです。<br />
      書籍が沢山発行されている、意中の人をこっちに向かせる恋愛テク。時として、大げさすぎて好意を抱いている男性に読まれて、しくじるリスクの大きい進め方も見られます。<br />
      出会いの呼び水を探しまわっていれば、今からでも、この場所でも出会いは降りてきます。大事なのは、自分が自分の理解者である事。もしもの状況でも、あなたらしく光り輝いている事が必須です。<br />

      スポンサーサイト

      2015.07.18 Saturday

      0
        コメント
        コメントする