スポンサーサイト

2015.07.18 Saturday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    隠微な欲求と好かれたい

    2015.06.13 Saturday

    0
      <br>
      <br>
      果てしなく高い空は女性の恋する感情のようなものであり、どこまでも深い海は男性の恋する感情のようなものである。男性も女性も空にも海にもところに決して越える事ができない限度があると言う事に気がつかない事がしばしばある。<br />
      与えあう関係の二人の恋愛はきっと長続きする。人というものは「一人のみが心理的な報酬を受けている状態はさけたい」とする事がしばしばある。つまり、「貰った恩は返したくなる」と言う事である。<br />
      恋人への愛情だけが恋人たちの心を固くつないでいる。愛だけの関係だから男でも女でもパートナーに対して、いい加減になれない。こういう感情が二人とも磨くと言えます。<br />
      異性が体の具合が悪くて気弱になっているときこそ心の底からかけた言葉や配慮の感情を分かってもらえると、一気に相手を自分のほうにむかせられるのだから、好都合である。<br />
      「今回の分は俺が払うから、今度はごちそうしてね(笑)」というふうに言えたならば、女性に不安な感情を受け止めさせないように、場を和やかな雰囲気にして、いつかの会う約束に持ち込む事だろう。<br />
      自明の理ですが、女友達からの恋愛の相談をササッとあしらう事では、自らの「恋愛」に置き換えても、大層大事な事ではないでしょうねか。<br />
      女子も男子も恋愛に欲するメインのビジョンは、隠微な欲求と好かれたい感情だと確信してます。ときめきたいし、相手の事も理解したいのだ。これらが確かな2つの核心だといえます。<br />
      何度も合コンに行くなど、多種多様な行事に参戦しているにも関わらず、長きにわたって出会いがない、と嘆いている人の大多数が、依怙が激しすぎてチャンスを逃しているという事実は否定できません。<br />
      些細な事象は異なるとして、疑いなく、恋愛というセクションにおいてくよくよしている人が山ほどいると考えます。しかし、それって恐らく、余剰に悩みすぎだと感じます。<br />
      仮想世界で真剣な出会いを紹介してもらえます。使用時間や場所に制限はないし、エリアだって内緒で扱えるという大きなポイントが自慢ですからね。<br />

      スポンサーサイト

      2015.07.18 Saturday

      0
        コメント
        コメントする